非常に丁寧にサポートをしてくれる主な2つの会社

By: GotCredit

FXの会社の中には、かなりサポート体制が充実している所も見られます。そしてその体制の充実度は、やはり会社を選ぶ基準の1つになり得るでしょう。できるだけサポートが充実している所の方が、やはり売買も快適に行える傾向があります。そもそも売買をするとなると、様々な操作方法に関する疑問が生じる事も多いのですね。とりわけ新規で口座を作った時には、やはり疑問が生じがちな傾向があります。

そもそも金融会社の取引画面は、ボタンが非常に多彩な事が多いのです。1つや2つだけで無く、相当な数のクリック箇所が見られます。それらを全て使いこなすのも、慣れない内は少々大変な事が多いのですね。ところでそのボタンのクリックなどに関する情報は、実はサポートに問い合わせるは解決するケースがほとんどです。実際私も、数日前にちょっとサポートに電話をしました。ある箇所をクリックしても画面が真っ白だったので、問い合わせをしてみた訳ですね。それで電話で話した内容により、解決した事例がありました。

ただサポートで問い合わせるにしても、やはりその内容が充実しているか否かの問題があるでしょう。できるだけ分かりやすく説明してくれる会社が望ましいのは、言うまでもありません。では具体的にはどの会社ならば充実しているかというと、ひまわり証券などは良いのではないでしょうか。その証券会社は、実は日本で一番初めにこの投資商品をリリースしているのですね。かなり歴史が長い会社の1つという事になりますが、その証券会社は電話サポートの充実度に大きな特徴があります。

あの会社のサポートの場合、どことなく凛とした雰囲気が感じられるのですね。非常に落ち着いた雰囲気が感じられる上に、サポートも丁寧なのです。今までに一度もFXで売買をした事が無い初心者の方でも、安心してサポートを受ける事ができると思います。ですので慣れない内は、ひまわり証券で口座を作ってみるのも一法ですね。他にもSBIFXなども良いと思います。

金利が高めな分不安定な一面がある高金利な通貨

By: Keith Cooper

高金利な外貨を用いて、資産を増やしたいと思っている方々はとても多いです。その方々の理由のほとんどは、現在の日本の金利に対する失望感でしょう。現在の日本では、銀行に預けてもあまりお金が増えない傾向があります。むしろ外国の通貨を用いる方が、効率良くお金を増やせるとも考えも見られる訳ですね。

ところで高金利な外貨を用いるとなると、注意するべき点もいくつか見られるのです。そのタイプの外貨の場合は、少々不安定な一面があるのですね。例えばトルコリラなどは、かなり金利が高いことで有名です。確か最新の情報では、金利が8%前後だったと思います。日本の銀行の場合は1%未満になっている状況なのですから、明らかにその国の外貨はメリットが大きいと考えられるのですね。

ところがトルコという国は、最近は少々不安定になってきているのです。それで最近、ちょっと外貨の価格が下落している状況なのですね。あの国の場合は、ちょっと立地状況にポイントがあります。ヨーロッパとロシアの間という立地状況は、世界的に見てもかなり不安定なのですね。それだけに、色々と経済の動きが変動しがちなのです。最近は、それがトルコリラのレートに反映されている状況なのですね。

そして情勢が不安定になってしまえば、現状のトルコリラの金利なども、今後は下落をする可能性があります。一旦は8%前後にまで上昇している訳ですが、何せレートが下落をしている状況でもありますし、今後はそれが6%や4%などにダウンする可能性もあるのです。それは何もトルコリラだけではありません。南アフリカランドなども現状は少々不安定な状況になっているので、今後は政策金利が下落する可能性もゼロとは言えません。またレートが大幅に下落をする可能性もあります。

肝心な事は、FXで売買をする際には、この高金利外貨に関する不安定さを踏まえておく事ですね。とりわけスワップポイントで売買をするとなると、やはりそれは重要だと思う次第です。

両建てが難しい会社でもリスクヘッジができる方法とは

By: Ged Carroll

FXでの売買のテクニックの1つに、両建てがあります。いわゆる2種類のポジションを保有する方法なのですが、それでリスクを低く抑えられる事も大変多いのですね。実際私も、その方法で売買を行っています。そしてコンスタントな利益が生じている状況なので、確かにその両建てというシステムはメリットが大きいと思うのですが、残念ながら一部の業者ではそれが禁止されているのですね。

例えばあるマイナーな業者の場合は、両建ては不可能ですと公式サイトではっきり明示されています。やはり合理性を欠くという考え方の下で、そのようなルールになっているのでしょう。しかし人によっては、そのような金融会社で口座を持っている事もあると思います。そのような会社で、両建てを実行したいと思う事もあるでしょう。

ではそのような金融会社では両建ては難しいかと言われれば、実はそうとも言えない一面があります。例えば米ドル円とユーロドルというやり方があるからです。その2つのペアには、一定の相関関係が見られるのですね。米ドルが上昇した時には、ユーロドルは下落しやすい傾向があります。ですので、その2つの通貨ペアを併用してみる方法がある訳です。

例えば米ドルの方では、買い玉のみを保有するとします。そしてユーロドルの場合は、買い玉は保有しません。売り玉のみに限定させる訳ですね。このやり方ならば、特に問題はないのです。

上記のような使い分けをした場合は、たとえ米ドルで含み損が発生したとしても、今度はユーロドルがそれをカバーしてくれる訳ですね。必然的にリスクヘッジが発生する事になる訳ですから、それで損失額を抑えられるとも考えられるのです。しかもユーロドルと米ドルを保有する分には、特に両建てのルールに引っ掛かることもありません。ルール的には、何も問題はない訳です。両建てが難しい会社の場合は、このようなドル建ての外貨などを用いて、FXのポジションを保有してみるのも悪くないでしょう。

いかにも年末のオーソドックスな動きになっている本日

By: Giorgio Galeotti

本日のFXの相場は、「いかにも」という雰囲気が感じられます。まず動きが非常に少ない点ですね。この金融商品では、動かない時には本当に動きません。それで「頑張れない」と感じる方も、稀に見られるようですね。

具体的に言えば、まず本日の早朝におけるユーロ円の価格は、最大132円くらいになっています。そして最小値は、大体131.8円程度になっていますね。それ位の幅での動きが、しばらく継続していたのです。朝から夕方頃までずっとその幅で推移している状況なので、今日はかなりの小動きと言えるでしょう。これだけ動きが少ないと、少々やり甲斐が無いと感じる方も多いようですね。レンジ相場が苦手な方も見られるので、今日は売買をしなかった方も多かったのではないでしょうか。

ところが20時付近になって、その動きに関する変化が生じています。ようやく131.7円近くにまで下落したのですが、その後は下落が少々拡大している状況ですね。直近のデータを見ますと、131.6円近くにまで下落している状況です。つまり午前中から夕方まではほとんど動かなかったのですが、夜間のあるタイミングから大きな下落が生じている事になります。一見するとイレギュラーな動きのように見えますが、実は私から見れば非常にオーソドックスですね。

というのも年末のシーズンになると、このような事例が案外と多く見られるのです。ある時まではほとんど動きが発生していなくても、突然に何らかの拍子によって、大きな動きが生じるパターンが大変多い訳ですね。そして長い間保ち合いが続くという事は、やはり年末のシーズンの売買しづらい一面があると思います。無理に売買を行う必要はありません。このような時には、おとなしく見送るようにするのがセオリーだと考えています。

そしてこのような時期には、むしろ自分の今年の成績を振り返る事に専念した方が良いですね。1年間の自分の売買の成績をよく振り返って、何が悪かったかを追求する方が良いでしょう。その方が1日を有意義に使えると考えています。

相場が動いていない時は逆張りのスキャルピングが有効

By: tup wanders

FXは平日の24時間いつでも取引できますが、長く取引していると閑散している時期が分るようになり、この時期は取引を控えた方がいいかなと分るようになります。まず、閑散するのがクリスマスです。イブとクリスマスの日にチャートを何回もチェックしていますが、ほとんど動きません。クリスマスが終わると多少、相場は動きますが、いつも通りというわけではなく、取引量は少なめです。

この時期から冬休みに入っている国も多く、取引量が少なくなっています。30日まではある程度、相場が動き、31日も比較的静かな値動きをしています。ほとんど動かずボックス相場になっているのでスキャルピングなら利益を狙いやすい場面でもあると思います。要するにボリンジャーバンドを使った逆張りです。

取引量が閑散としている時はよほどサプライズが出ない限り、ブレイクすることもほとんどありませんし、FX初心者でも比較的利益を狙いやすい場面です。よく、FX初心者は逆張りよりもブレイクしたらポジションを持つ順張りが向いていると言われています。ただ、いつでも順張りが成功するとは限りませんし、ブレイクアウトしたと思ったらダマシでそのままズルズルと下げてしまうことだってあります。

このような場面は逆張りが向いていますから、逆張りの取引手法も学んでおくべきだと思います。もちろん、ストキャスやRSIなどオシレーターで判断することは大切です。逆張りはそのままブレイクしてしまったら損切りが遅れてしまったり、損失が膨らんでしまうのでFX初心者にお勧めできない理由でもあります。

しかし、祝日や取引量の少ない時なら比較的、安全に逆張りで取引できると思いました。私は基本、ブレイクしたらポジションを持つ順張りですが、相場が閑散としている時は逆張りで取引しています。FX初心者には難しいと思いますが、相場に合わせて取引手法を変えると取引チャンスも増えてきますし、より取引も上達するはずです。

固定給の考えから実力主義にシフトするようになるFX

By: Gary Ullah

FXという商品を始めた方々は、まず間違いなく考え方が変わっていると思います。いわゆる固定給などでの考え方ではなく、実力主義の思考にシフトしていると思うのですね。その理由は、この金融商品が実力主義になるからです。

そもそもFXは、頑張った分だけ大きな利益が生じる傾向があります。今まで色々なFXのトレーダーの方々を見てきましたが、その中には大きな利益が生じている方も見られるのです。そして利益が大きなトレーダーには、1つ共通点があります。たいていは努力をしているのです。

そしてそれぞれのトレーダーにより、その努力の度合いにも違いがあります。かなり熱心に頑張っているトレーダーも見られますし、中途半端になっているケースもあるのですね。ですので努力の度合いなどは、確実に報われる金融商品だと思います。ところで一部の日本人の方々は、その実力主義では無い考えになっている事があります。いわゆる固定給での考えに固まっているケースが見られるのですね。

というのも一部のサラリーマンのお仕事では、給料がアップしません。頑張っても、昇給が発生しないお仕事なども見られるのですね。中には年功序列の企業などもあるでしょう。そのような会社で勤めているサラリーマンは、やはり頑張りがいが無いと考えている事も多いです。頑張っても給料がアップしない訳ですから、それではあまり熱が入りませんね。

ところがFXという商品の場合は、頑張った分はやはり利益になる事が多い訳です。ですので多くのトレーダーの方は、勉強を頑張っている訳ですね。したがって今まで固定給だったサラリーマンの方がFXという商品で売買をするようになると、やはり考え方は大きく変わると思います。

年功序列の為に頑張るのではなく、むしろ別の意味で頑張るようになるでしょう。考え方はまず間違いなく実力主義に変化していくと思います。そして頑張りが報われる可能性があるのは、やはりFXの大きなメリットの1つですね。大きく稼ぎたければ、努力を怠らないのが大切だと思います。