リップル(XRP)を購入する際に注意したいこと

XRPを購入する際に間違える

リップルは通貨の単位XRPで英語表記がrippleであることからREP(AUGUR)と勘違いして買う方がいますので十分に注意しましょう。リップルはビットコインやイーサリアム、ビットコインキャッシュと違い、国内の仮想通貨取引所でも扱っていないことも多々あります。

リップルの取引量が多いのはbitbankで、GMOコインは簡単に買えるのはよいのですが価格を比較するとやや高めです。GMOコインはライトコインを購入する際に使うことをおすすめします。

取引所の比較

bitbankでリップルを本当に購入してもいいのか検証しました。

GMOコインでリップルを買う場合、販売所になるのでGMOコインとユーザーの取引になります。設定上では取引手数料がかかりませんが、購入価格に手数料が含まれています。

bitbankでは板と呼ばれるユーザー同士の取引ができますので、手数料が安く、さらにいまならキャンペーンで手数料無料でリップル取引が可能なのです。

いままで板で買ったことが無い方は、操作に戸惑うかもしれませんが、わかってしまうと簡単なので「指値」「成行」の違いから勉強することがよいです。

リップル購入はbitbank!

今回この結論に至るのに参考になったページが「リップルを購入するなら手数料の安いbitbank取引所がおすすめ」という記事です。サイト自体とても読みやすく、根拠がしっかり提示されているため分かりやすかったです。他にもリップルの送金の記事や、リップルとはの記事も良かったので覗いてみてください。

リップルは2018年これから期待できる仮想通貨ですので、以前達した300円を大きく超えて上昇して欲しいですね。機関からの流れてくる投資金にも期待したいです。

リップルのニュースまとめ

リップルは銀行の代わりになるぐらいの力を秘めているのは誰もが存じているとは思いますが、細かいニュースなどは見ても忘れがちなので、今回まとめてみることにしました。

リップル社がイギリスに要求

日本で起きたコインチェックのNEM流出事件により、日本国内の取引所は金融庁により全て立入検査をされ、認められない業者を排除する試みに出ました。その結果廃業や営業停止になる取引所も出たぐらいです。

イギリスの規制当局や大手イングランド銀行は仮想通貨を認めないとの痛烈な発言をしています。リップルとしては大国であるイギリスにリップルのネットワークを走らせたいのです。そして日本のようにしっかり規制を引けば、それほど問題がないということをリップル社はイギリスに規制強化を求めました。

スペインではxCurrentの利用アプリを開始することを発表

スペインの大手サンタンデール銀行はxCurrentの仕組みを国際決済アプリで提供することを発表しました。これはスペイン、イギリス、ブラジル、ポーランドの顧客向けで数ヶ月後には利用される予定です。

この発表はリップル価格にも影響を与えただろうと専門家の意見もあります。

リップル社が投資ファンドのBlockchain Capitalに出資

2013年創業の投資ファンド会社Blockchain Capitalにリップル社はXRPで約26.5億円の出資を行うことを発表しました。

Blockchain Capital社は金融分野に特化した仮想通貨やブロックチェーン企業など、大きく成長が見込めるところに投資をしてきたとのこと。リップル社はさらに別のベンチャーキャピタルにも投資をしていく意向を示しています。

リップルがHyperledger事業に参入

Hyperledgerとはブロックチェーン技術を促進させるための共同事業体であり、世界有数の企業が参加しております。

リップル社とハイパーレジャーの提携により世界中の開発者たちがILPにアクセスすることができるようになりました。

リップルの発行数とロックアップについて

リップルの総発行数

リップルの総発行数は約1,000億XRPでその半分以上をリップル社が抱えている現状があります。そしてリップル社は毎月保有しているXRPを売却していたことも発表しています。リップル価格が上がらないことに疑問を持っていた投資家たちも理由がわかると売却したかもしれません。

ロックアップ宣言

そこでリップル社は保有している630XRPのうち550億XROはロックアップすることを宣言しました。自社でXRPをロックアップすることで供給量を減らし、価格が上がりやすくなる狙いがあります。この発表は2017年5月16日の出来事で、2018年以降から55ヶ月かけて毎月10億XRPが放出される予定です。

この保有しているXRPは取引所に売られるのではなく、機関投資家やインセンティブに使われるということです。また第三者にエスクロー預託したことによりロックアップにより信用が高くなりました。

ビットコインの総発行数は?

ビットコインの総発行数は2100万枚です。リップルの総発行数と比べると4700分の1です。ビットコインは徐々に新規発行される仮想通貨ですので、しばらくは上限に達することはないですが、価格調整という意味ではとても上手い設定だといえるでしょう。仮想通貨投資を考える際は発行数は気にする必要があります。

再びリップル高騰はくるのか

仮想通貨投資はニュース次第というぐらいインパクトがあります。好材料のニュースが入ってくれば価格は必ず上がり、その後調整が入って少し下がるか元に戻るというパターンが多いです。2018年は法規制がしっかり作られる年になりそうなので、そこで安心して入ってくるユーザーがいるでしょう。

リップルは銀行を巻き込んで事業を進めているため、銀行側のインフラが整わないと前に進むことは難しいでしょう。しかし私はリップルが好きなので売ることはなくジックリ待ちます。2017年の年末のような高揚する気持ちはいまだかつて味わったことがないものでした。またあの気分になりたいものです。

リップルのライバルNEMについて

NEMとは

ネムは開発者の中に日本人がいることや、Zaifという取引所を運営する日本のテックビューロ社が開発を手伝っていることから日本人にとても人気があります。NEMとは「New Economy Movement」の略で新しい経済運動という意味です。NEMが発行する通貨はXEMという単位で呼びすでに上限数の8,999,999,999XEMが発行済みです(これ以上は増えない)

リップルとの違い

発行数が多いことからリップルに似ており価格も同じようなところを推移していますが、どのようの違いがあるのでしょうか?

リップルは「金融ネットワークを作りたい」、NEMは決済手段として仮想通貨のVISAになろうとしている、という違いがあります。NEMは今後「カタパルト」というアップデートを控えており、これが実装されれば1秒に4000回の取引が可能になると言われています。

またNEMのブロックチェーン上にモザイクと呼ばれる独自通貨を発行できる仕組みがあります。実用化されるのはこれからですが企業が独自トークンを使ってプラットフォームを作りたい場合に便利です。ドメイン取得のような感じなのでオリジナルの名前は早いもの勝ちですね。

価格はどちらが伸びるか?

リップルもNEMもプロジェクトが壮大なためまだまだ開発に時間がかかります。実際に決済で使われているという面ではNEMが買っています。リップルは4月10日の価格で1XRP=51円、NEMは1XEM=24円となっています。価格ではリップルが上ですがこれからが楽しみです。

リップルとは

仮想通貨リップルを愛しているというと頭がおかしい人と思うかもしれないが、知れば知るほど興味深い暗号通貨なのである。この構想をしったときは強く共感できたからだ。

リップルとは

リップルは決済代行や銀行に取って代わるネットワークを作る構想があり、国際送金の要になるプラットフォームを開発中です。またリップル上で発行される仮想通貨はXRPと呼び、1000億XRPが既に発行済みであり、それ以上は新規発行はされない仕組みです。

XRPはブリッジ通貨としての役割を持ち、円や米ドル、ユーロ、クレジットカード決済などの交換の仲介役となりあらゆる決済手段を結びつける構想がある。日本の銀行ではSBIグループが筆頭になり実証実験で良いデータが出たとのニュースも出ています。

リップルは2004年にRyan Fugger が Ripplepayを考案したところから歴史が始まる。こんなに前から構想を練っていた仮想通貨は他にないだろう。そして2008年のSatoshi Nakamoto によるビットコインの論文によりリップルも開発は加速していきます。

 

リップルのネットワーク

リップルの仕組みで注目すべき3つのネットワークがある。まずは「xCurrent」という主に銀行が使うようになるシステムです。2つ目に送金業者が使う「xRapid」、3つ目に国際的に展開している企業が使う「xVia」です。

これらを使うことで多額の送金をしたい企業は4秒で取引先にお金を届けることができるのです。この高速送金で手数料がほとんどかからないシステムが完成すれば世界中の銀行がいらなくなるぐらい驚異的なシステムなのです。

安心してお金を借りるために覚えておきたいこととは

自動車や住宅など一括払いでは購入できない高級品を購入する際や、生活費の不足を補うためなどにキャッシングやカードローンを利用しているといった方は、日本人の10人に1人はいると言われています。お金を借りることへのハードルはカードローンやキャッシングの登場で格段に下がったと言え、学生ローンの普及率も昭和の時代に比べると上昇しているといった傾向があるのです。ただキャッシングやカードローンは銀行から預貯金を引き出すような感覚で利用できるものの、利子が上乗せされる借金であることには変わりありません

お金を借りるのには相応のリスクが付き纏い、借りたお金を返さずに放置しておくと社会的な信用を失うような結果にも繋がります。さらに言えばいわゆる闇金からお金を借りると法外な利子を取られて、日常生活すらままならないこともありえますので不必要な借金は控えることをおすすめします。その上で安心してお金を借りるために覚えておきたいこととして挙げられるのが、借り入れ元の選定をしっかり行っておくことと無利子期間を上手に活用することだと言えます。自己破産を行った経験がある方やカードローンの返済が滞っている方などを除き、簡単にお金を借りることが可能となっている銀行系カードローン会社や消費者金融業者は沢山存在しています。大手の銀行系カードローン会社や消費者金融業者を選択するだけで法外な利子を取れられる可能性は低くなりますので、借り入れ元は適当に選ばずに有名な会社や業者を選択することが大切なのだと認識しておいてください。そして大手の消費者金融業者の中にはキャッシングやカードローン(キャッシングするなら)での借り入れが、最初の一ヶ月に限り無利子で行えるといったところも存在しています。一ヶ月程度の期間限定ではありますが、利子が完全につかない形でお金を借りることができるため非常に安心だと言えるでしょう。このようなサービスを上手に利用するのが大事だと意識しておいてください。

一般的な借入金利は

借入金利とは、普通の会話の中で単に「金利」という言い方をしているものです。お金を借りたときに元金に対していくら利息を支払うのかの割合を指しています。これは法律で、上限が定められています。10万円を超えない借金であれば実質年率20%、10万円から100万円を超えない場合には18%、100万円以上は15%となり、これを超えて貸付を行うと法律に反することとなります。以前は貸金業者に関して「みなし弁済」が認められていました。そのため出資法で定められた上限金利までは適用することができていました。29.2%を上限とした金利で貸し付けが行えていたのです。

しかし法律が変わり、貸金業者といえど利息制限法を厳守しなければならなくなりました。貸金業者はその法律の施行前に、一斉に金利の引き下げを行いました。今では貸金業者も100万円未満は18%程度の金利で貸し付けていますので、かなり返済しやすくなった印象です。ただし、金利が引き下げられればそれだけ大きな回収リスクは負えなくなります。以前の29%の金利下で貸付することができた属性の人に対しても、貸付するのは危険が大きすぎるわけです。そこで審査を厳しく行い、回収リスクの小さな申込者、または顧客に積極的に貸し付けを行い、問題があれば契約しないといった方向に変わってゆきました。優良顧客は、契約状況によって金利の優遇を行うことにも積極的です。そういった面で大手の貸金業者は、銀行との差異があまりなくなってきたといった見方もされています。銀行はプロパー融資の場合、さらに厳しく審査を行いますので、金利は低めになります。貸金業者を保証会社として付けている契約に関しては、金利は高めになります。また担保付きの融資であれば回収リスクは無担保保証人なしの契約よりも回収リスクは低くなり、金利はさらに低くなります。目的別融資は担保付き融資ほどではないにしろ、金利は低めです。借入金利は「返済しやすさ」に直結していますので、検討の際にはしっかりチェックしましょう。

人にお金を借りる際に注意すべきこと

人にお金を借りるという行為は、今までの信用をすべて失うだけでなく、人間関係すら壊しかねないことであり、あくまで奥の手、最終手段であることが求められます。人によっては、友人からお金を貸してほしいと言われたその瞬間、嫌悪感を示し、二度と付き合いをしないというケースもあり、注意しなければなりません。お金を借りるにしても、この人であれば大丈夫だというのを見極めていくこと、そして、お金を借りる場合には誠意を示すことが大事です。誠意の示し方として、なぜお金を借りる必要があるのか、その具体的な理由を示すことが大切です。

例えば、飲食店を出したい、開業資金にしたいという場合、お金を貸すにしても、貸す側はそこまで悪い印象は持ちません。夢に向かって頑張っているという印象があるためで、少しでも協力したいという気持ちで貸してくれます。これが借金返済のためなどの理由になってしまうと、明らかに悪い印象を与えるため、これでは貸してもらえないばかりか、絶縁ということにもなりかねません。貸してあげてもいいし、応援したいと思わせるような理由かどうかを確かめておくこと、そして、それが具体的であり、証拠もあることでお金を借りることができる可能性が高まります。また、お金を借りる際にはどのように返済していくか、その返済計画を明確にし、借用書にして残しておくことも必要です。毎月これだけの額を返済するというものを設定し、返済開始の時期を決め、そこから毎月返済していけば、逆に信用につながり、またお金が必要な場合でもまた貸してくれます。これが守られないともう二度と貸してくれません。こうした信用はお金を借りる以前に、例えば口約束を守らない、貸したものを返してくれないなどの積み重ねでも可能であるため、人にお金を借りる際には、こうした信用を少しでも多く積み重ねておき、将来的なことを考えて、多くの人に誠実に接しておくことが大事になります。

銀行でお金を借りる方法について

お金を借りるという場合、銀行や消費者金融など、さまざまなところが申し込み先として考えられますが、銀行であればいくつかのメニューのなかから目的にかなったものを選ぶということになります。銀行でお金を借りる場合に、もっとも手軽な手段としては、カードローンとよばれるものがあります。このカードローンは、基本的には本店、支店や街なかにあるようなATMから、預金を引き下ろすような感覚で、専用のカードを使ってお金をそのつど借りるというものです。その人の年収や希望する金額などにあわせて限度額がきまっていますので、その限度額の範囲であれば、何度でも借り入れることができ、返済は毎月の期日がきまっていますので、指定した口座のなかから引き落とされます

カードローンの特徴として、小口の資金を頻繁に借りるといったケースに向いており、そのために申し込みをした場合の審査の手続きなども、かなり迅速に行われます。いっぽう、目的別に用意された専用のローンというものもあります。この場合の目的別というのは、たとえば自動車の購入のための自動車ローン、子どもの進学にともなう学費にあてるための学資ローン、マイホームをあたらしく建てるための費用として利用するための住宅ローンなどといったものが典型的であるといえます。これらはカードローンのような使い道が自由な金融商品とは違って、かならずその目的のために使わなければならないという制約はありますが、限度額がきわめて大きいため、マイホームのような高額な借り入れにも対応できるようになっています。また、金額に応じて返済の期間も長くなっていますので、毎月の返済に困ってしまうという心配もないように配慮されているのも特徴といえます。そのかわりとして、審査については厳格であることが多く、必要書類として契約書や源泉徴収票、登記事項証明書などといったものを求められることがあるため、事前の準備が必要となります。

キャッシング借入で好転も暗転もしてしまう

お金を気軽に借りる事が出来るキャシングは命の恩人かと錯覚するほどに有り難いものであります。手元に足りないお金を融通してくれるのですから、素敵な人生を全うするのに助っ人役として利用するべきだと思うのです。しかし、キャッシングによって、助かったのは一時期でその後は、返済が大変です。

この状況をクリアしてこそ良い利用方法であったと言えるのですが、キャッシングによって、人生が狂ってしまい、好転にも暗転にも転じてしまえるものであると言う事を頭に入れて利用しないといけないと思うのです。キャッシングは、借りる時は、何の努力もせずにお金を手に入れられた様な気分にもなりラッキーだったと思うかもしれません。

ただ、それは最初にお金を手にした時だけの事であって、次の月から指定された約束期日に返済をしないといけないのです。この返済は、借りた日数分の利息と一部の借入金の返済です。どのキャッシング業者も無理ない返済額を提示しますが、それが上手く行かずに返済でさえも出来なくなってしまう人が居るのです。

それは他社からも何軒も借入したりして多重債務で行き詰まりになる事もあるのです。あまりにも気軽にお金を手にする事が出来るのでついあっちこっちから借入したりして、手元に借金だらけになってしまう人も居るのです。このような人は、返済のお金の事なんか考えていません。お金を手にしたい、どうしても入用があってお金が必要なんだという盲目的な人なのです。

だから返済に行き詰まり、借金できなくて、困った挙句に、債務整理をしたり、最悪には、破産、夜逃げ、自殺、強盗など、悪い方向へ暗転してしまう人も居るのです。だから、キャッシングするのは、お金が欲しいと言う考えと、返済は可能かと言う考えと、2つをじっくり検討して借りすぎないように注意しなければいけません

債務整理には、まだ社会的に生き残れるように、個人が再生できるようにするための手段です。どうしても返済出来ない場合は、まず、債務整理で建て直し、やり直してみるのも良いでしょう。キャッシングは、一時的な好転です。それが、このお金を借りた事で、人生が起動に乗って上手く好転する人が居るでしょう。しかし、それと全く逆に借りた事で歯止めが利かず借りすぎて暗転してしまう人も居るので、どちらにも転びやすいという事を脳裏に入れて置くべきでしょう。

本来は、好転の方を望みます。しかし、大多数の人は、好転も暗転もしない、普通に借りてしっかり完済して終了するっと行った具合の人が殆どです。そしてお金が今、足りないからキャッシングした状態なので、これが、今のレベルよりも下がらないように、肝に銘じて慎重に借りる事が必要です。