リップルのニュースまとめ

リップルは銀行の代わりになるぐらいの力を秘めているのは誰もが存じているとは思いますが、細かいニュースなどは見ても忘れがちなので、今回まとめてみることにしました。

リップル社がイギリスに要求

日本で起きたコインチェックのNEM流出事件により、日本国内の取引所は金融庁により全て立入検査をされ、認められない業者を排除する試みに出ました。その結果廃業や営業停止になる取引所も出たぐらいです。

イギリスの規制当局や大手イングランド銀行は仮想通貨を認めないとの痛烈な発言をしています。リップルとしては大国であるイギリスにリップルのネットワークを走らせたいのです。そして日本のようにしっかり規制を引けば、それほど問題がないということをリップル社はイギリスに規制強化を求めました。

スペインではxCurrentの利用アプリを開始することを発表

スペインの大手サンタンデール銀行はxCurrentの仕組みを国際決済アプリで提供することを発表しました。これはスペイン、イギリス、ブラジル、ポーランドの顧客向けで数ヶ月後には利用される予定です。

この発表はリップル価格にも影響を与えただろうと専門家の意見もあります。

リップル社が投資ファンドのBlockchain Capitalに出資

2013年創業の投資ファンド会社Blockchain Capitalにリップル社はXRPで約26.5億円の出資を行うことを発表しました。

Blockchain Capital社は金融分野に特化した仮想通貨やブロックチェーン企業など、大きく成長が見込めるところに投資をしてきたとのこと。リップル社はさらに別のベンチャーキャピタルにも投資をしていく意向を示しています。

リップルがHyperledger事業に参入

Hyperledgerとはブロックチェーン技術を促進させるための共同事業体であり、世界有数の企業が参加しております。

リップル社とハイパーレジャーの提携により世界中の開発者たちがILPにアクセスすることができるようになりました。