銀行でお金を借りる方法について

30 1月

銀行でお金を借りる方法について

お金を借りるという場合、銀行や消費者金融など、さまざまなところが申し込み先として考えられますが、銀行であればいくつかのメニューのなかから目的にかなったものを選ぶということになります。銀行でお金を借りる場合に、もっとも手軽な手段としては、カードローンとよばれるものがあります。このカードローンは、基本的には本店、支店や街なかにあるようなATMから、預金を引き下ろすような感覚で、専用のカードを使ってお金をそのつど借りるというものです。その人の年収や希望する金額などにあわせて限度額がきまっていますので、その限度額の範囲であれば、何度でも借り入れることができ、返済は毎月の期日がきまっていますので、指定した口座のなかから引き落とされます

カードローンの特徴として、小口の資金を頻繁に借りるといったケースに向いており、そのために申し込みをした場合の審査の手続きなども、かなり迅速に行われます。いっぽう、目的別に用意された専用のローンというものもあります。この場合の目的別というのは、たとえば自動車の購入のための自動車ローン、子どもの進学にともなう学費にあてるための学資ローン、マイホームをあたらしく建てるための費用として利用するための住宅ローンなどといったものが典型的であるといえます。これらはカードローンのような使い道が自由な金融商品とは違って、かならずその目的のために使わなければならないという制約はありますが、限度額がきわめて大きいため、マイホームのような高額な借り入れにも対応できるようになっています。また、金額に応じて返済の期間も長くなっていますので、毎月の返済に困ってしまうという心配もないように配慮されているのも特徴といえます。そのかわりとして、審査については厳格であることが多く、必要書類として契約書や源泉徴収票、登記事項証明書などといったものを求められることがあるため、事前の準備が必要となります。