作者別: Lily

安心してお金を借りるために覚えておきたいこととは

自動車や住宅など一括払いでは購入できない高級品を購入する際や、生活費の不足を補うためなどにキャッシングやカードローンを利用しているといった方は、日本人の10人に1人はいると言われています。お金を借りることへのハードルはカードローンやキャッシングの登場で格段に下がったと言え、学生ローンの普及率も昭和の時代に比べると上昇しているといった傾向があるのです。ただキャッシングやカードローンは銀行から預貯金を引き出すような感覚で利用できるものの、利子が上乗せされる借金であることには変わりありません

お金を借りるのには相応のリスクが付き纏い、借りたお金を返さずに放置しておくと社会的な信用を失うような結果にも繋がります。さらに言えばいわゆる闇金からお金を借りると法外な利子を取られて、日常生活すらままならないこともありえますので不必要な借金は控えることをおすすめします。その上で安心してお金を借りるために覚えておきたいこととして挙げられるのが、借り入れ元の選定をしっかり行っておくことと無利子期間を上手に活用することだと言えます。自己破産を行った経験がある方やカードローンの返済が滞っている方などを除き、簡単にお金を借りることが可能となっている銀行系カードローン会社や消費者金融業者は沢山存在しています。大手の銀行系カードローン会社や消費者金融業者を選択するだけで法外な利子を取れられる可能性は低くなりますので、借り入れ元は適当に選ばずに有名な会社や業者を選択することが大切なのだと認識しておいてください。そして大手の消費者金融業者の中にはキャッシングやカードローン(キャッシングするなら)での借り入れが、最初の一ヶ月に限り無利子で行えるといったところも存在しています。一ヶ月程度の期間限定ではありますが、利子が完全につかない形でお金を借りることができるため非常に安心だと言えるでしょう。このようなサービスを上手に利用するのが大事だと意識しておいてください。

一般的な借入金利は

借入金利とは、普通の会話の中で単に「金利」という言い方をしているものです。お金を借りたときに元金に対していくら利息を支払うのかの割合を指しています。これは法律で、上限が定められています。10万円を超えない借金であれば実質年率20%、10万円から100万円を超えない場合には18%、100万円以上は15%となり、これを超えて貸付を行うと法律に反することとなります。以前は貸金業者に関して「みなし弁済」が認められていました。そのため出資法で定められた上限金利までは適用することができていました。29.2%を上限とした金利で貸し付けが行えていたのです。

しかし法律が変わり、貸金業者といえど利息制限法を厳守しなければならなくなりました。貸金業者はその法律の施行前に、一斉に金利の引き下げを行いました。今では貸金業者も100万円未満は18%程度の金利で貸し付けていますので、かなり返済しやすくなった印象です。ただし、金利が引き下げられればそれだけ大きな回収リスクは負えなくなります。以前の29%の金利下で貸付することができた属性の人に対しても、貸付するのは危険が大きすぎるわけです。そこで審査を厳しく行い、回収リスクの小さな申込者、または顧客に積極的に貸し付けを行い、問題があれば契約しないといった方向に変わってゆきました。優良顧客は、契約状況によって金利の優遇を行うことにも積極的です。そういった面で大手の貸金業者は、銀行との差異があまりなくなってきたといった見方もされています。銀行はプロパー融資の場合、さらに厳しく審査を行いますので、金利は低めになります。貸金業者を保証会社として付けている契約に関しては、金利は高めになります。また担保付きの融資であれば回収リスクは無担保保証人なしの契約よりも回収リスクは低くなり、金利はさらに低くなります。目的別融資は担保付き融資ほどではないにしろ、金利は低めです。借入金利は「返済しやすさ」に直結していますので、検討の際にはしっかりチェックしましょう。

人にお金を借りる際に注意すべきこと

人にお金を借りるという行為は、今までの信用をすべて失うだけでなく、人間関係すら壊しかねないことであり、あくまで奥の手、最終手段であることが求められます。人によっては、友人からお金を貸してほしいと言われたその瞬間、嫌悪感を示し、二度と付き合いをしないというケースもあり、注意しなければなりません。お金を借りるにしても、この人であれば大丈夫だというのを見極めていくこと、そして、お金を借りる場合には誠意を示すことが大事です。誠意の示し方として、なぜお金を借りる必要があるのか、その具体的な理由を示すことが大切です。

例えば、飲食店を出したい、開業資金にしたいという場合、お金を貸すにしても、貸す側はそこまで悪い印象は持ちません。夢に向かって頑張っているという印象があるためで、少しでも協力したいという気持ちで貸してくれます。これが借金返済のためなどの理由になってしまうと、明らかに悪い印象を与えるため、これでは貸してもらえないばかりか、絶縁ということにもなりかねません。貸してあげてもいいし、応援したいと思わせるような理由かどうかを確かめておくこと、そして、それが具体的であり、証拠もあることでお金を借りることができる可能性が高まります。また、お金を借りる際にはどのように返済していくか、その返済計画を明確にし、借用書にして残しておくことも必要です。毎月これだけの額を返済するというものを設定し、返済開始の時期を決め、そこから毎月返済していけば、逆に信用につながり、またお金が必要な場合でもまた貸してくれます。これが守られないともう二度と貸してくれません。こうした信用はお金を借りる以前に、例えば口約束を守らない、貸したものを返してくれないなどの積み重ねでも可能であるため、人にお金を借りる際には、こうした信用を少しでも多く積み重ねておき、将来的なことを考えて、多くの人に誠実に接しておくことが大事になります。

銀行でお金を借りる方法について

お金を借りるという場合、銀行や消費者金融など、さまざまなところが申し込み先として考えられますが、銀行であればいくつかのメニューのなかから目的にかなったものを選ぶということになります。銀行でお金を借りる場合に、もっとも手軽な手段としては、カードローンとよばれるものがあります。このカードローンは、基本的には本店、支店や街なかにあるようなATMから、預金を引き下ろすような感覚で、専用のカードを使ってお金をそのつど借りるというものです。その人の年収や希望する金額などにあわせて限度額がきまっていますので、その限度額の範囲であれば、何度でも借り入れることができ、返済は毎月の期日がきまっていますので、指定した口座のなかから引き落とされます

カードローンの特徴として、小口の資金を頻繁に借りるといったケースに向いており、そのために申し込みをした場合の審査の手続きなども、かなり迅速に行われます。いっぽう、目的別に用意された専用のローンというものもあります。この場合の目的別というのは、たとえば自動車の購入のための自動車ローン、子どもの進学にともなう学費にあてるための学資ローン、マイホームをあたらしく建てるための費用として利用するための住宅ローンなどといったものが典型的であるといえます。これらはカードローンのような使い道が自由な金融商品とは違って、かならずその目的のために使わなければならないという制約はありますが、限度額がきわめて大きいため、マイホームのような高額な借り入れにも対応できるようになっています。また、金額に応じて返済の期間も長くなっていますので、毎月の返済に困ってしまうという心配もないように配慮されているのも特徴といえます。そのかわりとして、審査については厳格であることが多く、必要書類として契約書や源泉徴収票、登記事項証明書などといったものを求められることがあるため、事前の準備が必要となります。

キャッシング借入で好転も暗転もしてしまう

お金を気軽に借りる事が出来るキャシングは命の恩人かと錯覚するほどに有り難いものであります。手元に足りないお金を融通してくれるのですから、素敵な人生を全うするのに助っ人役として利用するべきだと思うのです。しかし、キャッシングによって、助かったのは一時期でその後は、返済が大変です。

この状況をクリアしてこそ良い利用方法であったと言えるのですが、キャッシングによって、人生が狂ってしまい、好転にも暗転にも転じてしまえるものであると言う事を頭に入れて利用しないといけないと思うのです。キャッシングは、借りる時は、何の努力もせずにお金を手に入れられた様な気分にもなりラッキーだったと思うかもしれません。

ただ、それは最初にお金を手にした時だけの事であって、次の月から指定された約束期日に返済をしないといけないのです。この返済は、借りた日数分の利息と一部の借入金の返済です。どのキャッシング業者も無理ない返済額を提示しますが、それが上手く行かずに返済でさえも出来なくなってしまう人が居るのです。

それは他社からも何軒も借入したりして多重債務で行き詰まりになる事もあるのです。あまりにも気軽にお金を手にする事が出来るのでついあっちこっちから借入したりして、手元に借金だらけになってしまう人も居るのです。このような人は、返済のお金の事なんか考えていません。お金を手にしたい、どうしても入用があってお金が必要なんだという盲目的な人なのです。

だから返済に行き詰まり、借金できなくて、困った挙句に、債務整理をしたり、最悪には、破産、夜逃げ、自殺、強盗など、悪い方向へ暗転してしまう人も居るのです。だから、キャッシングするのは、お金が欲しいと言う考えと、返済は可能かと言う考えと、2つをじっくり検討して借りすぎないように注意しなければいけません

債務整理には、まだ社会的に生き残れるように、個人が再生できるようにするための手段です。どうしても返済出来ない場合は、まず、債務整理で建て直し、やり直してみるのも良いでしょう。キャッシングは、一時的な好転です。それが、このお金を借りた事で、人生が起動に乗って上手く好転する人が居るでしょう。しかし、それと全く逆に借りた事で歯止めが利かず借りすぎて暗転してしまう人も居るので、どちらにも転びやすいという事を脳裏に入れて置くべきでしょう。

本来は、好転の方を望みます。しかし、大多数の人は、好転も暗転もしない、普通に借りてしっかり完済して終了するっと行った具合の人が殆どです。そしてお金が今、足りないからキャッシングした状態なので、これが、今のレベルよりも下がらないように、肝に銘じて慎重に借りる事が必要です。

パソコン関連ソフトを買うのに90万円借りました。

そのソフトは友達の紹介ですぐに現金で買ってくれと言われ、90万円するものでした。実はその時、貯金が40万円程ありました。足りない不足分(50万円)だけ借りるという手もありましたが、貯金を降ろすのが面倒だと思い、一括で90万円借りるようにしました。ただ、その日すぐには借りられませんでした。収入を証明するものが必要だと言われたのです。

翌日、源泉徴収を持って行き、無事に満額の90万円を受け取ることができました。と言っても、すぐに支払いに回ったので、自分の手では10分も触っていませんでした。そこから借金の返済が始まりました。実は私自身、お金を借りること自体に不安は感じませんでした。というのも、勤め先が不動産関係でもっと大きな借入を目の当たりにしていたので、少し感覚が麻痺していたのかも知れません。

すぐに貯金分の40万円もしくは半額の20万円でも繰り上げ返済するつもりだったのですが、忘れて毎月1万円と余裕分(大体、2,000~5,000円)を返済していました。仕事もしていましたし、特に返済が大変だったと思ったことはありませんでした。ただ、残金の残高が中々減らないことにやきもきしていました。確か金利は18%くらいだったと思います。1万円を振り込んでもほとんど利息に持っていかれていて、2~3,000円くらいしか払っていないことになっていました。これでは返済し終わるのに何年かかるかわからないといった状況でした

丸2年くらい地道に返済していましたが、貯金分もあるし、利息ももったいなかったので、繰り上げ返済で全額返済し、ローンを終わらせました。実はその時、マンションの購入を検討していて、住宅ローンを組むために今ある借入の完済が融資条件としてついてきたので、仕方がありませんでした。今、考えても無駄な支払いをしていたなとおもいます。ただ、もう二度とあんな高い金利で借りるのは止めようと心に誓いました。ちなみに住宅ローンは最大でも2%を切る金利で借りれています。

まぢか!私がまさかの借金地獄?からの明るいキャシングライフ

支払い実績がない人はキャッシングするときに審査に通りやすいと思われがちですが、実際は支払い実績がある方が審査に通りやすいです。携帯電話の支払いなどをきちんとしていれば支払いは正常に行われていると信用機関に登録されていきますが、家族が携帯料金を支払っていた場合は、個人としての支払い実績が信用機関に登録されないため空白状態になっています。

キャッシングするときは消費者金融やクレジット会社は信用機関に問い合わせて調べるので、ある程度支払いのある人の方が優遇されやすいです。今までローンを組んだことがなかったり商品を購入するとき一括払いにしていたら、数回程度の分割払いでもいいので毎月の支払いをきちんとしているということを信用機関の方の情報で認識させておけば、キャッシングのときに審査基準がクリアしやすくなります。

携帯電話の支払いが遅れてもキャッシングに影響ないと思っていたときもありましたが、3ヶ月ほど遅延してしまうと信用機関にブラック扱いとして登録されてしまいます。一度でも信用機関に登録されてしまうと数年は残ってしまうのでクレジットカードが作れなくなったり、今まで使えてたカードのキャッシング枠が凍結されるといったこともあります。

金額が少なくても期日までに支払わないのが何回も続いたときも信用情報に影響が出ることもあります。最近ではスマホを分割払いで払う人が増えてきていて、3ヶ月以上の遅延をする人もたくさんいるようですが、一度ブラック扱いになってしまうと車を買うときのローンも組めなくなってしまうので、スマホの支払いで遅延しそうになったら信用機関に登録される前に、キャッシングをしてでも支払いをきちんと行った方がいいです

携帯料金はクレジットカードと異なるので別扱いと思ってる人もいますが、実際はクレジットカードの支払いと同じ扱いになっているので、支払い実績は信用機関に登録されていくということを覚えておくといいと思います。

携帯電話の支払いでも信用機関に登録されます

支払い実績がない人はキャッシングするときに審査に通りやすいと思われがちですが、実際は支払い実績がある方が審査に通りやすいです。携帯電話の支払いなどをきちんとしていれば支払いは正常に行われていると信用機関に登録されていきますが、家族が携帯料金を支払っていた場合は、個人としての支払い実績が信用機関に登録されないため空白状態になっています。

キャッシングするときは消費者金融やクレジット会社は信用機関に問い合わせて調べるので、ある程度支払いのある人の方が優遇されやすいです。今までローンを組んだことがなかったり商品を購入するとき一括払いにしていたら、数回程度の分割払いでもいいので毎月の支払いをきちんとしているということを信用機関の方の情報で認識させておけば、キャッシングのときに審査基準がクリアしやすくなります。

携帯電話の支払いが遅れてもキャッシングに影響ないと思っていたときもありましたが、3ヶ月ほど遅延してしまうと信用機関にブラック扱いとして登録されてしまいます。一度でも信用機関に登録されてしまうと数年は残ってしまうのでクレジットカードが作れなくなったり、今まで使えてたカードのキャッシング枠が凍結されるといったこともあります。

金額が少なくても期日までに支払わないのが何回も続いたときも信用情報に影響が出ることもあります。最近ではスマホを分割払いで払う人が増えてきていて、3ヶ月以上の遅延をする人もたくさんいるようですが、一度ブラック扱いになってしまうと車を買うときのローンも組めなくなってしまうので、スマホの支払いで遅延しそうになったら信用機関に登録される前に、キャッシングをしてでも支払いをきちんと行った方がいいです。

携帯料金はクレジットカードと異なるので別扱いと思ってる人もいますが、実際はクレジットカードの支払いと同じ扱いになっているので、支払い実績は信用機関に登録されていくということを覚えておくといいと思います。

自分にあった借り先の確保で、上手に賢く利用してきましょう。

「キャッシング」このフレーズにはどうしても抵抗がある。 そんな声も聞こえてきそうですが、大丈夫ですよ。 何も怖いものではありませんから。 反対に上手に賢く利用していくと、生活を円滑に回せる為の助けにもなるのですよ。 上手に活用して生活の救世主としての活用をお勧めさせてください。

沢山あるキャッシング会社ですが、どこを利用するのがよいのか? 自分ならば、金利のかからない期間がある貸金業者の選択をします。 このことは、「無利息期間」の提示ということになります。 「無利息期間」とは、字のごとくですが、ある一定期間になりますが金利がかからないで融資を受ける事が出来る事を指します。

通常であれば、お金を借りる=金利が発生するのが通常でありますが、貸金業者各社も各社とのサービス合戦を呈しておりますし、生存競争とも言えるのかもしれませんね。

これだけ、沢山の業者がありますから大手だからいいのではないと思います。
借りたら返すの原則を自分でも守りやすい、環境づくりをしやすい業者を選択する事もお勧めではあります。そのことは、ATMが近くにあるのか?コンビニATMが対応しやすい環境か?

こうしたことも、地味ではありそうですが重要な返済計画になるのです。また、借り先の形態についてですが低金利路線でいくには「銀行系」の融資がベストです。 最終的に、金利を最小限に抑えての融資となるためには銀行系融資希望・消費者金融の無利息期間の利用が最たるものになるでしょう。

また、キャッシングを複数社から利用しているユーザーさんには「おまとめか・1本化」という方法をお勧めします。複数社からの借りいれは利息を多く支払っている事実になりますから、低金利設定の借り先に、キャッシングを1本化しての利用をお勧めします。利用当初からの、返済計画もとても重要な見解となることは明らかですが、利息軽減のためにもまとまったお金が出来たら返済に回す事も完済に向けて必要かことになるでしょう。

即日融資の申込みをするとしても…。

毎月の返済も、銀行カードローンは余計な時間がとられないと言えます。その訳と言いますのは、カードローンを返す時に、提携金融機関のATMだったりコンビニATMも活用できるからです。借入をすると言うと、ダメな事のような印象があるというのが実際のところですが、当然クルマやマイホームなど高い買い物をする時は、皆さんローンを使います。それと同じことだということに気づいてほしいですね。言うまでもないことですが、即日審査・即日融資を前面に打ち出している商品であっても、金利の数値が高すぎる商品に限定されていたり、更に言うなら悪徳金融会社であったりする場合は、借りることができるとしても、その後のことが保証出来ません。全国に支店展開するような金融機関の関連金融業者で借りれなかったということなら、反対に地元の小さいキャッシング事業者に依頼した方が、審査に受かる公算は大きいかもしれません。

「配偶者の年収次第で申し込み受け付けます」とか、専業主婦向けのカードローンを設けている金融機関も見つかります。「主婦も歓迎!」などと謳っていれば、ほとんど利用することができるでしょう。働いているところが有名な会社とか公的な組織だと言われる人は、ある程度の信用度があると評価されます。この辺に関してはキャッシングの審査に限られた話ではなく、日常会話の中で言われていることと一緒だと思います。銀行が取り扱っているのが、銀行カードローンになります。普段からメインバンクとして取り引きをしている銀行より貸してもらうことができれば、借入後の返済のことを考えても利便性が良いと思います。

最近では、銀行と資本提携している大規模消費者金融など、いろんな貸金業を営む会社が、キャッシングに関しまして無利息サービスに踏み切るようになりました。利息なしと言っているものでも、本当に無利息となる期間と利息がプラスされる期間が設けられているので、あなたが契約するローンとして相応しいかどうか、きっちりと判定してから申し込むべきです。無利息キャッシングで貸し付けを受ける際に、業者次第ですが、最初にお金を借りた時のみ無利息で30日間「借り入れ可能!」というサービスを推進しているところも見受けられます。即日融資で貸してもらうには、どうしても審査の対象となる各種書類を持参しないといけないのです。身分証以外にも、現在の月収が載っている書類のコピーなどが要されます。

念のために、ノーローンに会員登録申し込みをしておいても損にはならないのじゃないかと思います。サラリーを貰う前の週など、急に入り用になった時に無利息キャッシングは相当役に立ちます。即日融資の申込みをするとしても、あなた自らがお店の方まで赴くことは、今では不要となっています。ネット経由で申込みもできますし、必要な書類関係も、スマホあるいは携帯電話を使ってメール添付などすれば、それで完結なのです。銀行が展開しているカードローンだとか、信販系が実施しているキャッシングにおいては、即日融資をお願いすることは不可能だと思われます。ですが、おおよその消費者金融を利用すれば、即日融資もしていますから重宝します。車のローンの場合は、総量規制からは除外されますから、カードローンに関して審査を受ける際は、マイカーを買った代金は審査の対象として見られることはありませんので、心配はありません。